文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

VERSACE メデューサ モチーフ フード ブルゾン ジャケット

では、どうすればいいのでしょう。

人気★NEW ERA★全豪オープン ロゴ 刺繍 キャップ 黒 白 緑 紫

Saint Laurent ♢ノース/サウス リヴ・ゴーシュ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はマルニ ショルダーバッグ パニエ メタリック ラミネートレザー

 

 

ロールスクリーン タチカワ ブラインド ラルクシールド 電動 ホームタコス リリア RS-8056〜8057 幅80×高さ300cmまで


エコー サンダル FLOWT LX M BLACK 24.5 cm 3E